桃舟の漢字ハウス第34回

『春』ちゃん、今回も引き続きよろしくお願いします。(*^_^*)

よろしくね!!

本日2月3日になったのには何か理由があるのですか?

ぶっちゃけ今日は「立春(りっしゅん)」だからなのよ。(*^^)v

あれっ、2月3日は節分(せつぶん)ではなかったのかワン?

ルシェル、昨日節分の行事をしたよね?

あ、そうだっただワン! (^_^;
昨日の晩御飯で恵方巻を「南南東」に向かって食べただワン!

そのあと豆まきもしたよね!

鬼は夜に訪れると言われているから、晩御飯のあと豆まきをしただワン!
でもなんで豆まきをするのだワン?

鬼の目に豆を投げつけて退治したという言い伝えから、鬼を追い払うために豆まきをするようになったと言われているの。

だから「鬼は外」と言いながら豆をまくのかワン!
本当に「鬼滅の刃」に出て来るような鬼さんがいるのかワン?

実はね・・・。

{興味津々(きょうみしんしん)な2人}

この場合の鬼はね邪気(じゃき)を表してるの。
「家族や自分自身が病気にかからないように悪いものを退治して健康を願いたい~とか、自分自身の心の中に潜んでいる悪い考えを払いたい~とか」の意味があるのよ。

とても大事な行事だワン!

あと、昔から疫病(えきびょう)は鬼がもたらすものと言われてきたのよ。
人類の歴史は疫病との闘(たたか)いでもあるの。
それもあって、日本の伝統行事には、疫病を祓うためのものが多いのよ。
最も有名なものが昨晩ルシェルちゃんがした節分の豆まきね。

今、世界中で新型コロナウィルスが猛威(もうい)をふるってるだワン!
ルシェルはもう友達と1年近く会ってないだワン!
早く終息してほしいだワン!

節分にはそのような深い意味合いがあったのですね。
ところで『春』ちゃん、もう一つの掛け声「福は内」は何を意味してるのですか?

「福は内」は良いエネルギー、つまり幸運を招いてくれる神様はどうぞお入りくださ~いっていう意味なのよ。

「家にいる鬼(邪気や疫病)は外に出ていってもらって、そのあと幸福の神様に内に入っていただく」という意味なんですね。

その通りよ!
節分の豆まきとは、「鬼を追い払って、福を招き入れて新年を迎えるための、立春(一年の始まり)の前日の行事」なの!

桃舟先生、今晩もまた豆まきがしたいだワン!
新型コロナウィルスの退散(たいさん)を祈りながら豆をまくだワン!

ルシェル、良い心意気(こころいき)ね!
いいわよ、まだ豆が残ってたから今晩も豆まきをしようね。

みんなで鬼を追い払って新型コロナウィルスを終息させるだワン!

話は戻るけど、1985(昭和60)年から2020年(令和2年)までは、ずっと2月3日が節分だったの。
だからルシェルちゃん含めて大半の人は今年も2月3日が節分だと思ってたと思うわ。

あれ、テレビでは124年ぶりと聞いたのですが、それはどういうことですか?

「立春」と「節分」が例年よりも1日早くなる、つまり「立春」が2月3日、「節分」は2月2日になるのは明治30年以来、124年ぶりという意味なの。
前回節分が2月3日ではなかった日、すなわち1984(昭和59)年は「立春」は2月5日、「節分」は2月4日と例年よりも1日遅かったのよ。
地球が太陽の周りを一周するのに掛かる時間が365日ちょうどじゃないから、節分も2月2日~2月4日の間で年によって変わることがあるの。

そういうことだったのですね!
納得です。(*^^)v

要するに、今日2月3日は「立春」ということで、私の季節が始まるステキな日なの!
正確な時間でいうと2月3日23時59分からなんだけどね!
第27回でお話した二十四節気においては「立春」は新年の始まりで、「節分」はいわゆる大晦日(おおみそか)になるの。
立春を境に大地が春めいてくるのよ!

どうして「立春」なんだワン?
『春』ちゃんが立つのかワン?

「立春」という言葉が生まれたのは日本ではなく古代中国なの。
この頃の中国では、星々の運行や季節の巡りについて国民に知らせるということも、王の重要な役割だったの。
そのため、立春というのは、王が春の始まりを宣言する「春を立てる」という意味でつけられたのではないかと考えられているのよ。

「立春」は春の始まりであり、すなわち1年の始まりとされる日なんですね。

そうなの!
だから漢字の神様に頼んで「立春」に呼んでもらったの。

さすが『春』ちゃんですね。(^_-)-☆

桃舟先生、早く帰って豆まきがしたいだワン!

ルシェルちゃん、最後にもう一つお話がいたいんだけどいいかな?

まだ何かあるのかワン?

「立春大吉(りっしゅんだいきち)」って言葉知ってる?

神社やお寺で見かけたことがあります。
実家の玄関にも貼ってたと思います。

なんだか縁起が良さそうな文字だワン!

「立春大吉」って縦書きにすると左右対称になるのよ。
つまり表から見みても裏から見ても同じに見えちゃうの!

   

本当だワン!

「立春大吉」と書かれたお札を門や玄関などに貼っておくと、鬼が入ってきても「立春大吉」のお札を目にすることによって、「あれ、この家には入ってなかったっけ?」と勘違いをしてすぐに出て行ってしまうのよ~。

へぇ、裏から読んでも表から読んでも同じ「立春大吉」だから、鬼も間違って出ていっちゃうんですね。

そうなの。なので「立春大吉」は一年間の厄災を払い幸運を呼ぶためのものなのよ!

1年間を平穏無事(へいおんぶじ)に過ごせるってことだワン!
ルシェルも欲しいだワン!
どうしたら手に入るだワン?

今は緊急事態宣言中だし、自分で願いを込めて書いてみたらどうかしら?

桃舟先生、書いてほしいだワン!

そうね。
書いてみようかしら!
・・・
これでどう?

ステキだワン!
みんなにも是非(ぜひ)書いてもらいたいだワン!

なんだか運気もアップしそうね。(^_-)-☆
いい一年になることを祈ってるわ!

ありがとうございます(^^)
今、世界中の人達が新型コロナウィルスによって辛い思いをしていらっしゃいます。
皆さんのご健康と平安を祈りながら書かせていただきました。

思いが通じるといいわね!

そう願います。
『春』ちゃん、今日もいいお話をありがとうございました。

さっそく桃舟先生の書いた「立春大吉」を飾っただワン!

ルシェル、恥ずかしいわ~。(〃▽〃)ポッ

どうして赤い龍と青い龍に挟まれているのだワン?

赤い龍は炎龍(えんりゅう、ほむらりゅう)、青い龍は水龍(すいりゅう、みずりゅう)というの!
火と水は昔から神聖な力があるとされているのよ。(^_-)-☆
そこで脇侍(わきじ、きょうじ)と言って「立春大吉」を補佐して頂く為にこちらの双龍を書かせてもらったの。
炎龍の火(ひ)は火【か】とも読むでしょ、
そして水龍の水(みず)は【み】とも読むから、
合わせて【かみ】神を表してるの。
火【か】+水【み】=神【かみ】

なんだかものすご~くパワーがありそうだワン!
きっと桃舟先生の願いが届くだワン!

最後までお読みいただきありがとうございました。(੭*ˊᵕˋ)੭ᵗʱᵃᵑᵏᵧₒᵤ❥桃舟