桃舟の漢字ハウス第23回

お待たせしました。本日のゲストは『春【はる】』さんでーす♪

ジャジャーン!
4人そろって四季レンジャー!

・・・驚 !

あっ、あの~桃舟さん?

ごめんなさい、ついびっくりしちゃって。
『春』さんですか?

はい、あたしが『春【はる】』です。(*^_^*)

『春』さん、こんにちは。
お友達もご一緒に来ていただいたんですね!
まずは自己紹介からお願いできますか?

みなさ~ん、こんにちは。(^^
今日はお招きありがとう!!
まずはあたしから紹介するね♪
名前は『春【はる】』。生まれは西周時代の金文よ!!
年齢はおよそ2800歳。(*^_^*)
私は季節を表す四季の一つである『春』。(*^^)v
つまり、冬の次で、夏の前よ。
みんなはあたしのことを『春【はる】』ちゃんと呼んでくれるの。
よろしくね☆

『春【はる】』ちゃん初めまして。
お会いできて嬉しいです。
四季の一つだなんて、とっても素敵ですね。
ところで、生まれた頃の『春』ちゃんと今のお姿が全然ちがうのですが、どうしてですか?

あたしも気づいたらこうなってたの。
よかったら一緒に時空間を旅してみない?

ぜひお願いします。
楽しみ~(*^^

まずは生まれた時の金文と小篆を見てみて。

 

<金文>

 

<小篆>

 

実はもとの字は、「」 なの。

今の「春」には、お日様の「日」だけが残ってますね。

そうなの。今の「春」のようになったのは、隷書の頃からなのよ。
こちらをどうぞ~!!
<隷書>

 

<草書>

 

<行書>

 

<六朝楷書>

 

<楷書>

 

本当、もうすっかり今の『春』ですね。(^^)

(^_-)-☆
では、どうしてこの姿で生まれてきたのか話すね~。
まずは私を分解~~~(^_-)-☆

 

(艸:くさ)と (日)と (屯)

 

ところで、ルシェルちゃん、春のイメージってどういうのがある?

春といえば花粉だワン!!
お父さんとお母さんが花粉症で、お散歩に行く回数が減るだワン!!
だから、あんまりいい季節じゃないだワン。

ズコー! ^_^;
あまり嬉しくないけど、確かにそうね。
桃舟さんにとっての春のイメージは何?

春といえば、「春はあけぼの。やうやう白くなりゆく山ぎは、すこし明りて。紫だちたる雲のほそくたなびきたる。」
意味は、「春は夜明け! だんだんと白んでいく山ぎわの空がほんのり明るくなって、紫がかった雲が細くたなびいているのがすごくステキ!」
枕草子(清少納言著)の有名な冒頭が思い出されます。

そうそう。それよ~(^_-)-☆
春っていいでしょ!

はい、厳しい寒さが和らいで過ごしやすくなりますよね。

寒い冬の間、草の命は土の中で、ぎゅっと握りしめたようになってるのよ。
でも春になると、お日様が燦燦(さんさん)と輝いて、その日の光を受けて草が芽をだそうとするの。
艸(くさ)と日にはそのような意味が含まれているのよ。

『春』ちゃんは、古代の人達の豊かな感性からお生まれになったのですね。
素敵です~。(*^_^*)

うふ。(^^ 
ところで桃舟さん、土の中には草の芽だけではなく、虫もいるじゃない。
春になると虫たちも動き出すのよね。
漢字一文字で表せるんだけど、知ってる?
漢検1級レベルよ?

何かしら、虫に関係している漢字ですよね。
うー、わからないです~。(*_*;

エッヘン、ルシェルは知ってるだワン!!
蠢(しゅん)と書いて「蠢(うごめ)く」と読むだワン!!

大正解!
ルシェルちゃん、よく知ってるねー。

確かに2匹の虫と春の合体漢字だね。

でもルシェル、虫は苦手だワン!!

ルシェル、みんな地球で一緒に生きてるのよ。
私達、人間だけが地球に住んでると思ったら大間違いよ。

ルシェルは犬だワン!!

もぅー、こういう時だけ犬になるんだから。
草も木も魚も虫も花も動物もみんなでここ地球に一緒に住んでるんだからね。
「草木国土悉皆成仏(そうもくこくどしっかいじょうぶつ)」って言葉があってね、草木のような感情のないものでも仏(ほとけ)になれるという意味なの。
もちろん虫も含まれているわ。

知らなかったワン。

そこには草や木を人間と同じように心あるものと捉えるところに、日本人独特の感性が表現されているのよ。

ぼくらはみんな 生きている 生きているから 歌うんだ♪
ぼくらはみんな 生きている 生きているから かなしいんだ♪
手のひらを太陽に すかしてみれば まっかに流れる ぼくの血潮(ちしお)♪
ミミズだって オケラだって アメンボだって みんな みんな生きているんだ 友だちなんだ~♪

一同

パチパチ👏👏

アンパンマンのやなせたかし先生が作詞した「手のひらを太陽に」だね。
ルシェルどこで覚えたの?

まえに教室のおともだちから聞いただワン!
生き物たちはみんな地球で共に生きてるんだワン!
ルシェルもいろんな人達に可愛がってもらえて嬉しいから、虫たちも可愛がるだワン!。

『春』ちゃん、「春」といえば私もう一つ、中国の有名な孟浩然(もうこうねん)の漢詩を思い出しちゃいました。
「春眠暁を覚えず 処処啼鳥を聞く 夜来風雨の声 花落つること知る多少」
(しゅんみんあかつきをおぼえず しょしょていちょうをきく やらいふううのこえ はなおつることしるたしょう)
確か「春暁(しゅんぎょう)」というタイトルで、意味は、
「春の眠りは心地よく、夜が明けるのも気づかないほどだ。
あちらこちらから鳥のさえずりが聞こえてくる。
そういえば昨夜は風雨の音がしていたけど、
いったいどれほどの花が散ったことだろう。」

鳥の声や春の嵐の様子、そして花など、いきいきとした自然が目に浮かんで来るようで、春の気持ちよさがほんとよく伝わってくるよね。

昔の人は自然の中で生き、五感が研ぎ澄まされていたんでしょうね。
季節を五感すべてで感じながら生きていくって素敵です。

Don’t think, feel !
考えるな、感じろ!

ル、ルシェル、いったいどうしちゃったの!?

ルシェルちゃん、いいこと言うわね!
今の人たちは、情報があふれた世界の中で、頭でばかり考えている人が多いんじゃないかな?

確かに。
どうせ私は~できないといった思い込みや、他人にどう思われるか意識しすぎることで、他人軸の思考になり、自分の心に従った判断ができていないことが多いのではないかと思います。

そうね!
五感を研ぎ澄まして、自分軸で感性豊かな人生を送れたら、きっと幸せになれるわよ。☆彡

桃舟先生、『春』ちゃん、そろそろ残り時間が少なくなっただワン!

あら、もうそんなに時間たったかしら?
ルシェル歌ってたもんね!
『春』ちゃん、いや、四季レンジャーのみなさん、次回も来ていただけますか?

もちろん!
4人そろって四季レンジャーですから!

では、次回またよろしくお願いします。
ルシェル、帰ろうか!

『春』ちゃんのプロフィールは、こちらにまとめてあるので、見てほしいだワン!

桃舟の漢字ハウス第24回は こちら になります。