桃舟の漢字ハウス第26回

お待たせしました。
四季レンジャーのフィナーレを飾るのはこの方。
本日のゲストは『冬【ふゆ】』さんです~♪

ジャジャーン!
4人そろって四季レンジャー!

『冬【ふゆ】』です。 (*^_^*)

 

<甲骨文字>

『冬』さんこんにちは。
4番目に登場の『冬』さん、今日で終わってしまうのは寂しいですね。
早速ですが自己紹介をお願いします。

承知しました。
私は『冬【ふゆ】』。生まれは商時代の甲骨文字になります。
年齢はおよそ3300歳。
季節を表す四季の一つの『冬』
一年でもっとも寒い季節となります。
秋と春に挟まれてます☆彡
みなさんは私のことを『冬(ふゆ)』さんて呼んでくれます。。
よろしくお願いします。

『冬【ふゆ】』さん、よろしくだワン! 

『冬』さんが生まれた甲骨文字のお姿を見ても、皆目見当(かいもくけんとう)がつかないのですが、どうしてですか?

桃舟さん、季節の「冬」をまず忘れてみてください。
そうして、私の姿を見て何が思い浮かびますか?

サクランボ?

ハズレです。
では金文をご覧ください。

 

<金文>

 

ルシェルはヘッドホンに見えるだワン。

ルシェル、3300年前にヘッドホンなんてあるわけないじゃない!
それになんでサングラスなんかしてるの?

💢それを言うんだったら、サクランボもないだワン!💢

まぁまぁ、落ち着いて。
ルシェルちゃん3300年前にサクランボに似た果物はあったんですよ。
でも、お二方とも、不正解です。
実は糸の両端(りょうはし)を結(むす)んだ形なんです。 

えーーーーーー!!!

次に小篆をご覧ください。

 

<小篆>

新たなものが増えましたね。

そうなんです。
こちらは(  )ひょうと呼ばれるもので、みなさんご存知の氷になります。
それを加えて『冬』を表す字に使われるようになったんです。

そうなんですね。
でも、先ほど仰ってた「糸の両端(りょうはし)を結(むす)んだ形」はいったい何を表しているのですか?

桃舟さん、先ほど私を紹介してくださった時に四季のフィナーレって仰ってましたよね。

四季レンジャーの最後、終わりを飾られる方として紹介しました。

「終わり」という言葉の中は実は私が含まれてることに気づいてましたか?

あ、『冬』さんがいますね。

そうなんです。
「糸」の終(おわり)を結ぶから、冬に糸を付けて終(おわり)という字が作られたんです。

もともと『冬』さんは『終』さんで、季節を表す文字に使われるようになったから、糸に関係しているということで糸偏を付けて『終』という字ができたんですね。

ところで、冬という季節からどんなイメージがありますか?

「冬」と言えば雪ですね。
寒いのは苦手です。冬眠(とうみん)したくなります。 (*_*;   

ルシェルは冬に生まれたので、個人的に好きだワン!

あれ?ルシェルは8月生まれだよね?

ルシェルはオーストラリアで生まれたから、南半球の8月は冬だワン!

そう言えばそうだったね。 (*_*;

ルシェルちゃん「冬」を好きって言ってくれてありがとう。

正直に答えたまでだワン!

ルシェルはモフモフしているから冬がちょうどいいんだね。
羨(うらや)ましい~。 (^^♪

桃舟先生は皮下脂肪がたくさんあるので、寒さを凌(しの)げるだワン!

皮下脂肪があっても寒いのよね。
また太っちゃったので、私ダイエット頑張るわ(*^^)v

冬さん

応援してるだワン!
ところで冬と言えば、ルシェルはこの短歌が好きだワン。
「田子(たご)の浦(うら)に うちいでてみれば 白妙(しろたえ)の富士(ふじ)の高嶺(たかね)に 雪は降(ふ)りつつ」

奈良時代の歌人、山部赤人(やまべのあかひと)の歌だね。

「令和」の由来にもなった万葉集の中にある歌だワン。
この歌は新古今和歌集(しんこきんわかしゅう)や小倉百人一首(おぐらひゃくにんいっしゅ)にも収(おさ)められているだワン!

ルシェルいきいきしてるね。
百人一首好きだもんね。

↑リアル ルシェルの手

意味はだワン。
「田子の浦の海岸に出てみたら、遠くに見える富士山の頭には雪がかぶっていただワン。そしてその峰には今も雪が降り続けている~。なんと美しい光景なんだろうワン!」

 

日本らしい冬の景色が浮かんできますね。 (^_-)-☆

ルシェル

では次に、私は枕草子の冬を紹介しますね。
「冬はつとめて。雪の降(ふ)りたるは、言ふべきにもあらず。
霜(しも)のいと白きも、またさらでも、いと寒きに、火など急ぎおこして、炭(すみ)持てわたるも、いとつきづきし。
昼になりて、ぬるくゆるびもていけば、火桶(ひおけ)の火も白き灰(はい)がちになりてわろし。」

「冬はつとめて」っていつのことだワン?

現代訳を今から読むので聴いててね。
「冬は早朝(そうちょう)が趣(おもむき)あるわよね。雪が降ったのは言うまでもないわ。霜が真っ白に下りたのも、またそうでなくても、とても寒い朝、火を急いで起こして、炭を持って御殿(ごでん)を渡(わた)るのも、冬の朝らしくて素晴(すば)らしいわ。昼になり、だんだん寒さが薄(うす)らいでゆくと、丸(まる)火鉢(ひばち)の炭火(すみび)もついほったらかしで白い灰がかぶったままになっていて、よくないわね。」

冬さん

早朝だったんだワン。
つとめてって、
勤(つと)める?
務(つと)める?
努(つと)める?
勉(つと)める?
のどれになるだワン?

この場合の漢字は「夙(つと)めて」と書くの。
難しいよね。
音だとルシェルが思うようにいっぱいあるわよね。
これからは「夙(つと)める」も入れてあげてね。
でも、漢字だとそれ自体に意味があるので、分かりやすいよね。

「夙」にはどんな意味があるのだワン?

「夙」の甲骨文字を見ると分かりやすいので、ちょっと見てみてね。

 

<金文>

 

元は月を見上げている人の姿なの。

そこから、まだ月が見える夜明け前の早朝を表すようになったのかワン?
漢字っておもしろいだワン!

漢字はね、それ自体に意味を持ってるから、とてもわかりやすいんです。
生い立ちを調べればすぐに素性が分かってしまうので、私達漢字達は、みなさんに思いを寄せてもらいたくて、漢字の世界からいつも呼ばれるのを待っているのです。
心を込めて書いてくれてたら、応援したくなりますし、乱雑に書かれると、辛いわ~って思ってしまうし。

もっと漢字さん達をかっこよく書けるように頑張ります!!

冬さん

ルシェル

桃舟

冬さん

ルシェル

桃舟

桃舟

冬さん

ルシェル

『冬』さんのプロフィールは、こちらにまとめてあるので、見てほしいだワン!

今日も最後まで読んで頂きありがとうございました。
今年が皆様にとって実りの多い『秋』になりますように。(^^♪
では、ごきげんよう。